FC2ブログ
カウンター

2 Comments
今日もちょこっと国内です。
生駒山の宝山寺に行った後は、近鉄で奈良に向かいました。
実はせんと君は結構気に入っています(笑)。これは駅の撮影スポット。
s-C0010931.jpg

町中にいたせんと君。
s-C0011013.jpg

ティータイムなら是非試してみたかったナラカプチーノ。本当に大仏様のラテアートがあるんでしょうか??
s-C0010932.jpg


空腹だった私は、カフェではなくてレストランに向かいました。
この1年くらい、葛湯にはまっていて、葛うどんでも食べたいなと思っていたのですが、これはとろろとくずの餡掛けごはんみたいなものです。ごはんにかけるのはちょっと違うかなぁ・・・。美味しかったですけどね。
s-C0010936.jpg

つくりたてのくずもち。ほんのりあたたかくてぷるぷるでした。
s-C0010942.jpg


私が向かったのは数か月前から楽しみにしていた、奈良国立博物館の毘沙門天の展示。
s-C0010949.jpg

3月22日までだったのでこの日しかないと思っていたら休館でした(涙)。2月にいっておけばよかったです。
s-C0010950.jpg

大きなテーマパークが休園とかしているのは知っていましたが、博物館も休館とか知りませんでした。いかに世の中のことに疎いかっていうのがよくわかります(苦笑)。2月27日からだったようですが、そのまま展示終わってしまったんでしょうか?とっても残念。でも展示内容の案内の毘沙門天さんたちがのったちらしをゲットできたんでちょっとだけ満足。



グーグルマップであたりをチェックして、行ったことがない春日大社に行くことにしました。世界遺産です。
s-C0010960.jpg


赤い鳥居の下には鹿さん。
s-C0010964.jpg

鳥居の左右には狛犬さん。なんかどちらもいまいちきれいに撮れなくて残念。
s-C0010961.jpg

s-C0010965.jpg



手水所には鹿がいます。伏鹿手水所というそうです。
s-C0010971.jpg
まずこちらの手水所にて手と口を清めて祓戸神社にお参りをして御本殿にお進みくださいとのことです。このご時世なんでひしゃくがありませんでした。

祓戸神社です。
s-C0010973.jpg



春日大社は、燈籠の数が日本一多いそうで、石燈籠約2,000基、釣燈籠約1,000基の計約3,000基あるそうです。こんな風に並んでいます。
s-C0010974.jpg

上の写真の鹿がいるあたりを少しズーム。
s-C0010975.jpg


南門です。ここから入ります。特別拝観の受付は終了していて残念でした。
s-C0010977.jpg



西回廊です。朱の柱がなんとも華やかです。
s-C0010986.jpg

以下3枚は西回廊から外側部分を撮った写真です。
s-C0010983.jpg

竃殿(へついどの)です。
s-C0010984.jpg

酒殿。竃殿と坂殿は春日祭に必要な神酒や神饌を調整するところだそうです。
s-C0010988.jpg


西回廊の中央の清浄門から中を撮りました。朱塗りの校倉造の建物は宝庫です。
s-C0010989.jpg

宝庫の右側は内侍殿だと思います。
s-C0010991.jpg


直会殿です。
s-C0010994.jpg

釣燈籠がびっしり。
s-C0011000.jpg

西回廊側の壁にも釣燈籠がたくさんです。
s-C0010996.jpg

金色バージョンもあります。
s-C0010999.jpg


本殿からでて、若宮15社めぐりとよばれるあたりを歩いてみました。
大楠です。なんとも素晴らしいエネルギーを感じる大木でした。
s-C0011002.jpg

金龍神社。
s-C0011005.jpg


こちらは水谷九社めぐりをするあたりです。
龍王社です。
s-C0011009.jpg

春日大社に行ったのは初めてだと思いますが、本殿の特別参拝もできなかったし、またゆっくり見て回りたいと思います。


最後に鹿たち。
カメラをだそうとごそごそしていたら、めっちゃこちらを見られていました。きっと鹿せんべいもらえるのかと期待されてしまったのではと思います(笑)。
s-C0010954.jpg

観光客が減ったからか鹿せんべい売り場にたむろしている鹿たち。
s-C0011014.jpg


鹿のお尻ってかわいいですよね(笑)。ただカメラ向けるとすぐこっちむいちゃうんです。
s-C0011017.jpg

人の持ち物を狙っている鹿の後ろ姿を撮るとかわいいお尻が取れます。
s-C0011016.jpg


頭突き中の鹿たち。角はカットされているからいいですけどじゃなかったら怖そうです。
s-C0011038a.jpg


マンホールの蓋も鹿模様でした。
s-C0011041.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 2

There are no comments yet.
omachi  

あなたの知らない日本史をどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

2020/03/31 (Tue) 19:45 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

omachiさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

恥ずかしながら子供の時から歴史は苦手な分野で、旅行するようになって世界の歴史を少し考えるようになり、日本の歴史も面白いのではとちょっと興味が出てきました。特に最近は関西をお散歩するようになって自分の知識のなさに驚愕していたところです。おすすめの小説、面白そうなので早速読んでみることにします。フィクションでも私には勉強になります。おすすめありがとうございました。

2020/04/01 (Wed) 10:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply