FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2019年7月29日~8月6日のジョージア旅行記です。

7月31日
この日は、シオニ大聖堂の近くにある、Tbilisi History Museum トビリシ歴史博物館に行きました。
何故か外観の写真を撮っていなかったようです。
中にはいるとこのような吹き抜けになっています。
s-IM(1300348)GE.jpg

奥の方はワインショップになっているのかな。ジョージアはワインも有名だそうです。
s-IM(1300349)GE.jpg


なんてないけど美しいフレームの階段です。
s-IM(1300472)GE.jpg

奥側からぱちり。
s-IM(1300475)GE.jpg


展示室は吹き抜けのまわりにあります。古い街並みやショップなどが再現されて並んでいます。
s-IM(1300352)GE.jpg


19-20世紀のパブと書いてあったと思います。普通のキッチンに見えましたが、そろばんとかおいてあるのでパブであっていると思います。
s-IM(1300353)GE.jpg

少し右側に視線をずらしてぱちり。木のフレームも素朴で好きです。窓も素敵です。
s-IM(1300355)GE.jpg


19-20世紀のセラミックと銅製品の工房。私好みの容器がたっぷり。
s-IM(1300358)GE.jpg

陶器もあります。職人さんも写真で参加(笑)。
s-IM(1300361)GE.jpg


こんな街並みだったようです。このタイプのレンガの壁、大好きです。
s-IM(1300363)GE.jpg


旧市街でよくみたようなテラスのある建物です。
s-IM(1300366)GE.jpg

カーペットなど織物のお店だったようです。
s-IM(1300372)GE.jpg

こんなのちょっとした小物入れに壁にかけておきたいです。
s-IM(1300371)GE.jpg



街並みの再現だけでなく、模型もたくさんありました。
染物工房と書いてありました。染めた羊毛が上からさがっています。
s-IM(1300362)GE.jpg

20世紀初頭のティーハウスだそうです。内部はよく見なかったですが、この通路部分の石畳がいい感じです。
s-IM(1300368)GE.jpg

Workshop with shuttersと書いてありました。シャッターのある工房???こんな感じの建物も大好きです。
s-IM(1300374)GE.jpg

こちらもWorkshop with shutters。シャッターってこの窓のある壁に囲まれた部分のことですかね??辞書で引くと鎧戸とかですが、英訳されたときに微妙に違ってしまっているのか、このあたりの建築様式の呼び方なのかはわかりません。
s-IM(1300376)GE.jpg


これは説明撮り忘れました。
s-IM(1300378)GE.jpg


20世紀半ばの、シャッターとメザニンのある邸宅。こういう建物の中の階段とかはどんなつくりだったんでしょうね??
s-IM(1300379)GE.jpg


市庁舎の模型だそうです。1893年と書いてありました。
s-IM(1300427)GE.jpg

上の模型を見て、ピンときたこれ、自由広場にあった建物とほぼ同じです。尖塔部分と3階フロアの広さが違うだけです。
s-IM(1300102)GE.jpg


20世紀初頭の邸宅だそうです。なんともステキな凝った住宅。
s-IM(1300430)GE.jpg

中庭部分です。こんな雰囲気大好きです。
s-IM(1300429)GE.jpg


これは写真撮り忘れたようです。模型なのに廃墟感たっぷり(笑)。
s-IM(1300438)GE.jpg


旧市街にあった Blue Houseと呼ばれる建物です。
s-IM(1300449)GE.jpg

これも素敵な建物です。
s-IM(1300451)GE.jpg

このタイプのテラス大好きです。
s-IM(1300452)GE.jpg

模型の建物をたっぷり楽しみました。これらを見ながら、自分もこんなの作りたい・・・と思ってしまいました。リタイアしたら模型作りを楽しむのも良いかも(笑)。


このあたりからは建物の内部、家具や内装に関する展示です。
s-IM(1300381)GE.jpg

美しい家具たちがありましたが、模型で集中力を使いすぎたようで説明とか読まなかったようです。
s-IM(1300388)GE.jpg

美しい椅子です。
s-IM(1300390)GE.jpg

漆塗りっぽい素敵な家具もありました。
s-IM(1300384)GE.jpg


優雅な貴婦人といった感じのドレスの女性。何故に後ろ姿かというと前のエプロン風なデザインがいまいちだったからです(笑)。
s-IM(1300392)GE.jpg


この車輪で馬車だったらかなり乗り心地悪かったのではと思います。
s-IM(1300394)GE.jpg


かわいいトラムの模型は20世紀前半のものでベルギーモデルと書いてありました。風通しがよさそう&座り心地悪そうです。
s-IM(1300395c)GE.jpg

明日に続きます。

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply