FC2ブログ
カウンター

2 Comments
2019年7月29日~8月6日のジョージア旅行記です。

今日もトビリシヒストリーミュージアムで撮った写真です。
重厚なテーブルと椅子。かなり広い部屋でないとおけないと思います。
s-IM(1300405)GE.jpg


私が好きなのはこちらのタイプ。水タバコも置いてあります。
s-IM(1300391)GE.jpg

上の写真の奥側からもぱちり。枕みたいなクッションです。
s-IM(1300407)GE.jpg

説明は撮っていたのですが番号がわかりませんでした。サドルバッグと書いてあるもののような気がします。
s-IM(1300406)GE.jpg



こういう幾何学模様も好きです。
s-IM(1300385)GE.jpg

狭い部屋ではこのくらいの面積をアクセント的に使う方が落ち着くと思います。
s-IM(1300411)GE.jpg

赤いチュニックの模様はあまり見ないタイプかも。
s-IM(1300418)GE.jpg

繊細で美しいレースです。
s-IM(1300424)GE.jpg


素朴なコットンのお帽子。ナイトキャップと書いてありました。
s-IM(1300435)GE.jpg


これはたぶんサンダルです。どうやって足に固定するんでしょう?それ用の紐があるんですかね?
s-IM(1300434)GE.jpg


もちろん電気のスチームアイロンの方が便利だとわかっていても、この重そうなアイロンを使ってみたくなります。炭とかいれるんだったら温度調節かなり難しそうですが。
s-IM(1300463)GE.jpg

これは Spirit ironと書いてありました。スピリッツ・・・(笑)、スチームアイロン???。
s-IM(1300432)GE.jpg


お裁縫箱。美しい刺繍が自分でもできたらいですね。
s-IM(1300466)GE.jpg

お裁縫箱の後ろの壁の布。
s-IM(1300464)GE.jpg

少しズーム。とても凝った刺繍です。
s-IM(1300465)GE.jpg


タイプライター。機能美というんでしょうか。昔のお道具たちはなんて美しいんでしょう。
s-IM(1300382)GE.jpg



メテヒ要塞の模型です。今もムトゥクヴァリ川沿いにみることができます。
s-IM(1300398)GE.jpg

角度を変えてもう一枚。
s-IM(1300400)GE.jpg


こんな形の缶も好きです。
キリル文字なんでいまいちわかりませんが、コーヒーと書いてあるように見えます。
s-IM(1300402)GE.jpg

こちらは何でしょう?キリル文字だけでなくジョージアの文字(?)やアラブ文字風のも書いてよくわかりませんが、お茶かお菓子の缶だったのではと思います。
s-IM(1300403)GE.jpg

暗いんできれいにとれなくて残念でしたがかわいい缶だったのでぱちり。
s-IM(1300440)GE.jpg

絵柄からいうと水タバコがはいっていたのではと思います。
s-IM(1300441)GE.jpg


Cartridge-cases for Chokha (Man's dress) と書いてありました。
s-IM(1300436)GE.jpg

ウイキペディアでChokhaを検索してみました。このお洋服(Chokha)の飾り部分のようです。ウイキペディアさんからお借りした画像です。
s-chohka.jpg


武器類も展示されていましたが、ちらっと見ただけです。
s-IM(1300439)GE.jpg


何故斜めになっているのかわかりませんが素朴な時計。真鍮っぽかったので重そうです。
s-IM(1300444)GE.jpg


馬車のナンバープレートと書いてありましたが、あまり大きくありません。
s-IM(1300446)GE.jpg


説明撮ってなかったです。小さなドラムのようにみえました。
s-IM(1300454)GE.jpg


短刀。ケースが美しいです。
s-IM(1300467)GE.jpg


凝った水差しです。
s-IM(1300469)GE.jpg

小さなバッグもとても美しいです。シルバーだそうです。ちょっと触ってみたくなりました。
s-IM(1300470)GE.jpg


トランプ模様なブラシ。お洋服ブラシかと思ったら、カードテーブル用のブラシだそうです。だからトランプなんですね。
s-IM(1300471)GE.jpg


何やらポスター。
s-IM(1300479)GE.jpg
独立した後の内戦とかの時代でしょうか??ジョージアの歴史をウイキペディアでみてみたんですが、とても古いというか歴史があるんですが、かなり複雑な国です。こういったミュージアムや街並みでいろんな断面を見ることができて楽しいです。もっとゆっくりいろんな場所をみてまわりたい国だと思いました。

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 2

There are no comments yet.
EkaterinaYoghurt  

ジョージアの旅行記、楽しませていただいています♪
ちょうど自分のブログでチロルの民族博物館を書いているところなので、同じような展示物を紹介していらっしゃって興味深いです。というか、Artyさんも私もこういった展示物が基本的に好きなのですよね^^特に美しいテキスタイル類は本当に美しくてとても気に入りました。

ジョージアのトビリシは、街の風景からしてとても古い街のようですね。バックパッカーの沈没スポットのようで興味津々です。私もちょっと歴史とか調べてみたくなっています。いつか行く為にも!
とっても素敵な街角風景で閉塞感のある今現在、旅行にも行けないし得意の妄想の旅人と化してかぶりついて写真を拝見しており有難いです。

2020/04/11 (Sat) 13:44 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

EkaterinaYoghurtさん、こんにちは。

オーストリアはウイーンとザルツブルクしか行ったことないんですが、インスブルックってどこかに似てる・・・と思ってグーグルマップをみたらミッテルヴァルトに近いんですね。このあたりだとミュンヘンからもアクセスよいのに納得です。町並みも山々も素晴らしいし、チロル民族博物館、私も是非行ってみたくなりました。

このヒストリーミュージアムだけでなく、トビリシでやはり民族&民俗的なミュージアムをいくつか見たのでこれからもブログでご紹介しますが、なんというか、チロルに比べるとかなり素朴です。町並みはメンテナンスされている部分とそうでない部分の差が大きいです。新市街と旧市街の差もあってなかなか面白い場所だと思います。このカスピ海沿岸あたりの国々はそのうちゆっくり歩いてみたいと思っています。

歴史・・・私もちらっと見たんですが、私の知識ではピンとこない複雑さでした(笑)。本当にどこにも行けないこの時期は座学にあてるべきですよね。あまりに何も知らないので情けないです。まだまだしばらくジョージア旅行記が続きますのでまた見ていただけるとうれしいです。

2020/04/12 (Sun) 22:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply