FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2019年7月29日~8月6日のジョージア旅行記です。

トビリシ観光中です。
次は、 STATE MUSEUM OF FOLK AND APPLIED ARTS OF GEORGIA  ジョージア民芸博物館に行きました。
入り口は地味です。
s-IM(1300858)GE.jpg

チケットかわいいです。
s-C0004716.jpg


昨日お見せしたシルク博物館と違って、こちらは私好みの布たちがあってうれしくなりました。
これは布ではないんですが、刺繍用のパターンの絵だと思います。
s-IM(1300867)GE.jpg

刺繍たちです。お花とか鳥模様が多かったです。
s-IM(1300862)GE.jpg

これはとっても好きなタイプ。
s-IM(1300863)GE.jpg

結構大き目のこれは、このサイズの写真にしてしまうとわかりませんが、それはそれは繊細な刺繍でした。鳥の表情もかわいらしかったです。
s-IM(1300869)GE.jpg

お花模様かわいいです。
s-IM(1300872)GE.jpg

型染めのように見えますが、これも刺繍でした。単色でもこんなにステキに刺せるんですね。こんなテーブルクロスが欲しいです。
s-IM(1300873)GE.jpg


テープたちも、ぷっくり盛り上がった刺繍が美しいです。
s-IM(1300874)GE.jpg



これはドールハウスのようなものだったと思います。
絨毯織っているようです。
s-IM(1300883)GE.jpg
ちょっと雑な印象の模型です。
s-IM(1300884)GE.jpg

椅子とか布製品はかわいくできていると思います。
s-IM(1300885)GE.jpg



絨毯の展示もありました。
s-IM(1300890)GE.jpg

結構大きなものでしたが、動物模様がおもしろいです。
s-IM(1300892)GE.jpg


いつ頃の時代のかチェックしなかったようですが、生活の様子を再現してありました。
織機。いわゆる機織りの機械は大きすぎるのですが、このようなラグを織るようなのは部屋にも置けそうなのでやってみたいといつも思います。老後の楽しみに(笑)。
s-IM(1300907)GE.jpg

屏風がかっこいいですし、小テーブルの上の楽器たちも気になります。
s-IM(1300909)GE.jpg

屏風や壺がちょっとシノワズリな感じです。
s-IM(1300908)GE.jpg

なんとも美しいレースのパラソルをズーム。とても裕福で優雅な方のようです。
s-IM(1300910)GE.jpg

美しい絵が描かれたトレーもよいですが、素朴な椅子が好きなタイプ。これ欲しいです。
s-IM(1300911)GE.jpg

太鼓もありました。どんな音がするんでしょう??
s-IM(1300914)GE.jpg


これまた絨毯。ギャッベみたいな感じでした。
s-IM(1300928)GE.jpg


お洋服たち。
かっこいいです。
s-IM(1300929)GE.jpg

上のインナーもそうですが、凝った生地が素敵です。お帽子も手がこんでいるようにみえます。
s-IM(1300941)GE.jpg


写り込みはげしくてきれいに撮れませんでしたが、女性の衣装です。
s-IM(1300949)GE.jpg

男性に比べると女性はシンプル???と思って近づいてみるととても美しい刺繍でした。
s-IM(1300950)GE.jpg


キリムかな??とても細かい織目でした。
s-IM(1300942)GE.jpg


大好きな型染め・・・っていうかろうけつ染めかな。動物模様かわいいです。
s-IM(1300940)GE.jpg

素朴だけど美しい布たち。これお店だったら全部1mずつとか注文してしまうはずです(笑)。
s-IM(1300944c)GE.jpg


靴下かな。かわいいですね。
s-IM(1300951)GE.jpg

左のはレース編みみたいな飾りと小さな小さな房がついています。何でしょう??
s-IM(1300952c)GE


刺繍のベルトというかテープかな。どれも凝っています。。
s-IM(1300954c)GE


ホールの壁にかけてあった大きなカーペット。
s-IM(1300969)GE.jpg

優雅で美しい模様です。
s-IM(1300970)GE.jpg

明日に続きます。

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply