FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2017年11月29日~12月6日のコペンハーゲン&パリ旅行記です。

昨日に引き続き、パリのノートルダム大聖堂で撮った写真です。
翼廊です。ノートルダム大聖堂のバラ窓は素晴らしいと思います。
H0030431.jpg


ステンドグラスズーム。
IMGP2778.jpg

丸いステンドグラスをズームしたんですが、いまいちできていません。
IMGP2776.jpg

さらにズーム。裸眼ではわかりませんが、こうやって拡大すると丸い部分に聖人さん(?)たちがいます。
IMGP2784.jpg

こちらも聖人さんたちかな?足元に文字がありますが、ちょっと判読できません。
IMGP2782.jpg


変わり映えしませんが、上のバラ窓の対面のものです。
IMGP2791.jpg

同じように丸い部分をズーム。
IMGP2792.jpg

さらにズーム。
IMGP2789.jpg

聖人さん(?)たちもズーム。
IMGP2787.jpg


側廊に並んでいる祭壇たちを一部お見せしましょう。赤い色があるだけでろうそくあるだけでの華やかさが増します。
H0030393.jpg

ちょっと表情は硬いですが、青いドレスが素敵です。
H0030395.jpg

どういう方々かわかりませんが、美しい像たちです。
H0030410.jpg


美しいステンドグラスのある祭段というか霊廟かな?右下の像の土台部分に文字があるんですが、隠れていて読めません。
H0030412.jpg

こちらもステンドグラスがある祭壇です。
H0030414.jpg


カラフルな容器のろうそくたち。
H0030415.jpg


こちらも石棺っぽいので霊廟かな。枢機卿とか大司教さんだった方のようです。石棺と思うと・・・ですが、美しい像です。
H0030390.jpg

上の霊廟のステンドグラスです。こういう幾何学模様ってシンプルで好きです。
H0030388.jpg


このあたりもたぶんステンドグラスが気になって撮ったんだと思います。
H0030417.jpg


この像、袖や裾のレーシーな感じがよくでていて素敵でした。さらにステンドグラスの幾何学模様の真ん中に怪人風のお顔たちがはいっているのが面白いです。
H0030418.jpg


こちらはそれぞれ聖人さんたちなのか華やかなステンドグラスです。
H0030436.jpg


上の方にあるステンドグラスはなかなかきれいに撮れませんが、ちょっとユニークな表情のお方たちでした。
IMGP2795.jpg


美しいレリーフがありました。「復活したキリストの出現」のシーンということで日本語の説明もあったんですが、仏語、英語、西語、日本語、ギリシャ語、中国語でした。どういうチョイスなんでしょうね???(笑)
H0030420.jpg

左から、「エルサレムの高間で」「トマスのもと」「湖のほとりで」
H0030422.jpg

左から「マグダラのマリアのもと」「聖女たちのもと」「ペテロとヨハネのもと」
H0030429.jpg


こちらのレリーフは上のとは違うバージョンですが、下のジオラマ風な模型のそばにあったものです。最後の晩餐って感じですよね。
H0030400.jpg

これらの模型はクリスマスバージョンの飾りつけなのではと思います。結構大き目の手の込んだものでした。
H0030399.jpg

素朴な日常生活光景。風車がかわいいです。
H0030402.jpg

パン屋さんのようです。ここだけ夜です。
H0030404.jpg

教会もあります。レンガ色の屋根の建物の横ではご婦人が木の桶でお洗濯しています。
H0030405.jpg

もちろん厩舎もあります。牛たちが本(聖書?)読んでいるようです。
H0030408.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply