FC2ブログ
カウンター

4 Comments
2019年8月29日~9月6日のマルタ旅行記です。

ゴゾ島観光中です。
日帰りですのでマルタ島に戻らないといけないのですが、ホテルはフェリーの港の近くなので、多少遅くなっても大丈夫。アズールウインドーあたりからの夕焼けを見に行くことにしました。もちろん夕焼けを見てからヴィクトリアに戻るバスがあることは確認済みです。

日没にはちょっと早いので、前回アズールウインドーに行った時に気になった教会を見に行くことにしました。
ヴィクトリアから308番のバスで行くことができます。1時間に1本あります。
Basilica of the National Shrine of the Blessed Virgin of Ta' Pinu タ・ピーヌ聖堂です。
s-IM(1400654).jpg

少しズーム。撮った場所の関係上、これは後から撮った写真なのでだいぶ西日が強くなっています。
s-IM(1400649).jpg

まっすぐな塔が美しいです。
s-IM(1400656).jpg

聖堂をズーム。
s-IM(1400655).jpg


正面から撮ると逆光になってしまうのが残念。
s-IM(1400631).jpg


ファサードズーム。どっしりとしてどこか異国情緒が漂う雰囲気。
s-IM(1400632).jpg

違う角度でもう一枚。
s-IM(1400645).jpg


外壁の装飾のモザイクを2枚。
s-IM(1400641).jpg

s-IM(1400640).jpg


中はこんな感じ。ミサって感じではなかったですが、何故か奥にははいらなかったようです。
s-IM(1400633).jpg

振り返ってバラ窓を下から見上げてぱちり。
s-IM(1400634).jpg

このモザイクがどこにあったか覚えていないんですが、光の具合から見ると外壁のものだと思います。
s-IM(1400635).jpg


聖堂の前には細長いモザイクの壁がありました。
s-IM(1400636).jpg

少しズーム。キリストの生涯のようです。
s-IM(1400637).jpg

反対側にもあります。
s-IM(1400643).jpg

s-IM(1400642).jpg


近くからもぱちり。
s-IM(1400638).jpg

これも新しいモザイクですね。なんかちょっとかわいい表情でなごみます(笑)。
s-IM(1400644).jpg


大聖堂の前に停まるバスの本数は多くないので、アズールウインドーに行くバスがある道路まで歩くことにしました。

タ・ピーヌ聖堂は何もないエリアにぽつんとあったんですが、たぶんこれは聖堂の近くにあったと思います。警察と郵便局と公衆電話。のどかで素敵です。
s-IM(1400646).jpg

イチジクの実がなっていました。
s-IM(1400652).jpg

いい感じの石垣の上にはサボテンがたくさん。
s-IM(1400657).jpg


かわいい小花をぱちり。
s-IM(1400664).jpg

s-IM(1400665).jpg


サボテンも実がたくさんなっています。
s-IM(1400670).jpg

実をズーム。実にもとげとげついてます。
s-IM(1400668).jpg


夕方なんでもともと赤っぽい大地がさらに赤みがかってちょっと不思議な色合いに見えました。
s-IM(1400671).jpg

少しズーム。
s-IM(1400672).jpg

上の写真をさらにズーム。何かあるなぁ・・・と思ったら何やら像が並んでいるようでした。視力良くない私が良く見つけたと自分でもびっくり(笑)。
s-IM(1400673).jpg


右端の丸い塔だったり奥の塔と城壁っぽいのも気になります。
s-IM(1400674).jpg


タ・ピーヌ聖堂もズーム。
s-IM(1400675).jpg

奥のちらっと見える工事中のタワーみたいなのも気になりますけど、手前の建物も何なのか気になります。
s-IM(1400676).jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 4

There are no comments yet.
すずめ  
お久しぶりです!

artyさん、たいへんお久しぶりです。もう数年前にコメントを定期的に差し上げていたものです。今回、時間ができたので改めてartyさんのブログを読み返しながら、次回の旅先はどこにしようか、空想の世界に浸っています。artyさんの写真の腕前羨ましい限りです。やっぱり美的センスが必要だと手元にある自分の写真を見てはため息、、、。これからもブログ、素敵な写真を楽しみにしております。v-218

2020/06/05 (Fri) 19:19 | EDIT | REPLY |   
EkaterinaYoghurt  

こんにちは^^

今回の写真、どれも西日のトーンが整っていてとっても雰囲気を出していて素敵です。
決して緑の多くない大地の真ん中にポツンと立っている孤高の大聖堂といった風情にも陽の当たり方や色合いがぴったり合っていますね。
モザイクたちは比較的新しそうですが、カラフルで綺麗。
これらがこれから時を経て良い色合いに変化していくのだろうなと思うと未来へのロマンを感じますが、生きているうちにその変化を見ることはないのだろうなと。。。そう思うと同時に少しセンチメンタルになってしまいます。

いずれにしてもこのジリジリ暑さを残した地中海の西日の日差しや大地の香り、花やサボテンを覗き込む一瞬のときめきを直に感じるのはいつになったら出来るんだろう?と思うと今は寂しくて、、、すでに旅に出るモチベーションさえ失いそうになっている自分が急に歳を取ったようでブログの旅仲間(勝手にそう呼んでいます)の写真に励まされています。

2020/06/06 (Sat) 16:03 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: お久しぶりです!

すずめさん、こんにちは。

今は我慢の海外旅行、逆に次はどこに行こうかとゆっくり考えることができますよね。自分でも古い旅行記をみると新鮮ですし、写真撮り直し旅行を計画したくなります。

写真をお褒めいただいてありがとうございます。頑張ってくれているカメラに伝えておきます。古いカメラの頃の旅行の写真を見なおすとピントが甘かったりしてカメラの性能の進化に驚きます。プロならどんなカメラを使っても素敵な写真が撮れるんですが、素人はやっぱり頑張ってくれるお道具をそろえるのが早そうです。私の場合使いこなせなくて宝の持ち腐れ状態になりがちですが(笑)。でもオートできれいに撮れるカメラって大事ですよね。

お互い次の素敵な旅行先が早くみつかりますように。

2020/06/07 (Sun) 10:48 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

EkaterinaYoghurtさん、こんにちは。

ゴゾ島はマルタ島とはちょっと違う落ち着き感がありますし、季節や時間帯での日差しで変化する表情が、どの部分を切り取っても絵になる魅力的な場所だと思います。EkaterinaYoghurtさんだったらもっと素敵なシーンを切り取ることができるはずです。私は日帰りでしたが、数日滞在するのにちょうどよいサイズ感の島です。英語圏だし治安もよさそうですし、年をとったらリゾート風にのんびり楽しめそう(笑)な場所なので是非再訪したいと思っています。

モザイクはちょっと古いものの方が空気というか場に馴染むし落ち着いた色合いになって素敵に感じますよね。新しいものの変化を見るのは後の世代の方々にまかせて私たちは今十分に古くなったものたちを堪能しましょう。

マルタは行きたいと思った翌年くらいに猫バスがいなくなってしまったし、ゴゾ島のアズールウインドーも崩壊してしまったし、今年はコロナで旅行のキャンセル続出だし、やっぱり行きたい所には行けるうちになるべく早く行っておかないとと思ってしまいます。

欧州の主要ミュージアムもオープンし始めたようですし、私もそろそろ来年にむけて考えたいと思います。年内も秋から冬にかけてなら大丈夫そうですが、マイレージプラスのステイタス維持が決定しているのでどうも気分がのらない(笑)んですよね。中南米とかトルコとかはまだまだ落ち着かないかもですので、とりあずは欧州の主要国から目的地を選んでいきたいと思います。

2020/06/07 (Sun) 11:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply