FC2ブログ
カウンター

4 Comments
コペンハーゲン旅行記の途中ですが、先日のアルゼンチン旅行で加算されたマイルと旅行の写真を一部お見せしましょう。
いつも書いていますが、他人のマイルなんて興味ないけど、旅行の写真ならみてやってもいいよという方は下の方にスクロールお願いします。

毎年この時期は寒い欧州を避けて、UAさんでアメリカ方面に行くことが多いです。ステイタス維持のために最低4区間はUAさんを利用しないといけないですし。

マイル稼ぎにはなるべく遠い所にしようと決めたブエノスアイレス。いつもだったら北米乗り継ぎ時に遠回りをしてPQMを稼ぐんですが、この時はUAさんのシステムの調子が悪くて、経路を決めて決済しようとしたらエラーになるというのを数回繰り返し、結局電話で発券してもらうことになったので、なんとなく遠回りルートを言い出せませんでした。ニューアークから直行便があるのにわざわざデンバーかヒューストン経由でとか言いづらいですよね(笑)。

ということで、帰りにNYで1泊することにしたのに、FUK-NRT-EWR-EZE、EZE-EWR-NRT-FUKの単純往復な経路。NYまで13~14時間、アルゼンチンまで10時間くらいのフライトでさすがに疲れるので、GPUのアップグレード券を利用してUAさんの新しい(といってももうだいぶなりますが)ビジネスクラスのポラリスを利用することにしました。UAさんのエコノミーはほとんど貨物待遇ですが、ビジネスクラスだと、ちょっとだけ(苦笑)親切にしてもらえます。シートは良かったですが、食事はかなりいまいちでした。先日ブログに載せたTKさんのエコノミーの機内食の方が見た目も味も良いです。まあ、米系は仕方ありませんよね。

ということで加算されたマイルです。
2018-02MPactivity.jpg

基本マイル+ボーナスマイル=獲得マイル、PQMの順です。
FUK-NRT 270 + 324 = 594, 878
NRT-EWR 3060 + 3672 = 6732, 6732
EWR-EZE 2405 + 2886 =  5291, 5290
EZE-EWR 2205 + 2646 = 4851, 5290
EWR-NRT 2805 + 3366 = 6171, 6732
NRT-FUK 245 + 294 = 539 , 878
 
 今回の獲得マイル 24,178
 PQMは 25,800
チリのサンティアゴ往復した時も思いましたが、南米なら4回行けばステイタス維持できます。でも南米1回より欧州2回の方がいいです。

PQMしかリセットされないのでいまいちわからないアカウントサマリー。
2018-02account summary

現在こんな感じです。マイル残高 185,791。秋の旅行の片道発券をビジネスクラスでしたので随分減ってしまいました。
2018-02myMPaccount.jpg



アルゼンチンは初訪問でした。ガイドブックに書かれているほど治安の悪さもあまり感じなかったですし、とても美しい町だと思います。美しい建物大好きな私は上をみながら美しい建物採集に励みました。

木がしげっているのでわかりづらいですが、上の方とても凝った作りの建物です。
H0031738.jpg

テラスとか窓あたりの柔らかいカーブがなんともステキです。
H0031713.jpg

この優雅な庇。こんなのたくさん見たのはハンガリーだったかなぁ・・・?
H0031743.jpg


教会がたくさんありました。ここは門のフレームが凝っていました。
H0032724.jpg


ブエノスアイレスは見どころがそれほど多いわけではない気がします。そして何故か結構クローズしているところが多かったです。
ここもガイドツアーで見られるはずだった国会議事堂。バケーションでツアーはないと言われました。
H0031719.jpg

斜めからもぱちり。思いっきり逆光なんで暗い写真なのも残念。
H0031731.jpg


美しい本屋さんというのは最近世界中にあるようですが、ここにも素敵な本屋さんがありました。元シアターだそうです。
H0032239.jpg

地階はCDやDVDなども売られていたと思います。
H0032244.jpg

ステージはカフェになっています。一休みしたい気分はあったのですが、ランチに行く途中で立ち寄ったので我慢しました。
H0032242.jpg


ボカ地区と呼ばれるエリアはカラフルな建物が並んでいます。
H0032344.jpg

アートな街のようですが、特に好みではなかったです。
H0032343.jpg

テラスにいらっしゃる方が気になります。それにしてもすごい色合いですよね(笑)。
H0032332.jpg


レコレータ墓地です。お墓ですけどとっても観光地。「150m四方に全部で6400の納骨堂がありそのうちの70の墓は国の文化財にも指定されている。有名人のお墓も多い」とのことです。暑くてへろへろだったのと、お墓そのものが苦手なので、こんな写真しか残っていません。有名人のお墓もチェックしていません。
H0032575.jpg

全部の通路を歩いてみようと思ったものの3分の1も進まないうちにあきらめました。こんなのが並んでいるんですが、ドアとか壊れたりしたまま中の棺がみえて荒れ果てたようなものもあって、ちょっと悲しい気持ちになりました。
H0032587.jpg


プエルトマデーロ地区です。高層ビルたちがあってこの一角だけ雰囲気違います。
H0032707.jpg

ラ・ムヘール橋です。美しいですが、これまたとっても暑かったしよれよれしながら歩いていましたので、橋を渡ってみようという気にはなりませんでした。時間もなかったし、実は足の裏と小指にとっても大きな靴擦れができて歩くのがつらかったのです。
H0032711.jpg


バスの車窓からみた宮殿みたいな美しい建物。
H0032482.jpg

後でグーグルマップで何の建物だったんだろうかとチェックしたらPalacio de Aguas Corrientesと書いてあります。水道会社のお城。ミュージアムもあるっぽかったので行ってみることにしました。本当にグーグルマップって便利ですよね。大体通ったあたりの道筋をストリートビューで探すとお目当ての建物を見つけることができます。

本当に美しい建物です。
H0032530.jpg

ちょっとズーム。
H0032533.jpg

ミュージアムっぽくないし、前をさんざんうろうろして勇気をだして中に入ってみたんですが、ここは水道会社。受付の方に、ご用件は?お支払い?みたいな質問を早口のスペイン語でされて、硬直(笑)。片言スペイン語で、ミュージアムがあると聞いたんですが・・・?と聞くと、にこやかに2階ですって教えてくれました。一安心。ミュージアムは水道と衛生(下水道とか)の歴史です。私はこのヒストリカルな建物の内装が見られるかと思ったんですけどね。ちなみにカスタマーサービスの窓口の奥のステンドグラスが気になって仕方なかったのでこっそりぱちり。こんな建物が水道会社とか優雅でいいですよね。
H0032527.jpg


日数も短かったしあまりたくさん観光したとは言えないのですが、実は食事もあまりしてない気がします。暑くて暑くて食欲落ちました。ビールなら飲めそうと思ったのですが、大ビン(1L近い)ばかりなんです。暑すぎて食欲落ちてそのサイズのビールを飲んだら絶対体調崩すと、ビールはちょっと控え気味にしました。

エンパナーダは、いろんな種類があって美味しかったです。
H0031926.jpg

H0031927.jpg


食慾ないといいつつ、アルゼンチンといえば「肉」と皆さんおっしゃるんで、頑張りました。
普段ステーキ食べないしお肉の種類はわからないので、サーロイン。thin とthickとあって、重さはどちらも同じと言われて悩んでいたら、thinの方がティピカルだと言われたので薄い方に。注文した後、薄いステーキってメキシコのように1センチくらいのぺらっぺらのお皿一杯に広がったようなのが出てくるかも・・・と心配になったのですが、全然薄くなかったです。
H0032306.jpg

横からもぱちり。厚さ4~5センチありそう。ちなみに400gと言われました。
H0032309.jpg

切ったところはこんな感じ。このサイズ、日本だったら数人分まとめて焼きましたって感じですよね。
H0032313.jpg
美味しかったですが、400gはさすがにつらかったです。食べきれませんでした。いえたぶんあと3口くらい頑張ったら完食だったんです。絶対食べないといけない状況なら頑張ったかと。このあと丸1日くらいお腹はすきませんでした。


どうでもいいことなんですが、ブエノスアイレスで気になったのはバス。
DSCN4965.jpg

DSCN4949.jpg
行先表示の数字、大きくありません???(笑)もっと主張しているものもありましたし、控えめなのもありましたけど、大半のバスはこんな感じです。遠くからでもお目当てのバスがはっきりわかるのでいいですよね。ちなみに、ブエノスアイレスのバス停、混む場所ではきっちり1列に並んで順番に乗り込んでいたのも印象的でした。

以上、ブエノスアイレスで撮った写真です。
初訪問のアルゼンチン。まあまあ楽しんだと思います。でも・・・あまり気に入ったとは言えないかもです。南米のわりに物価が高いし。いえ、物価はいいんですが、通りすがりに chinaってぼそって言う人が多かったんです。最初は気のせいかと思っていたのですが、通り過ぎるときの絶妙なタイミングで聞こえてきます。もちろんメキシコでも言われますが、最近はあまり聞かなくなっていたんです。今回の旅行では結構な確率で耳にしました。一度はamarillo(黄色)とも言われましたし。人種差別のつもりはなくただ口に出しているだけかもですが、あまりいい気分ではなかったです。白人率高いのでアジア人が目障りなんですかね?あくまで私のたった数日間の印象ですし、悪意をふりまかれたわけではない(と思う)ので気にしなければいいんですけど。もちろんホテルや観光施設、バスやタクシーで話をした人たちは親切でしたし嫌な対応などはなかったです。

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 4

There are no comments yet.
R@Taxco.Mexico  

メキシコ滞在丸4日経過しましたけど、今のところchinaもJapónも耳にしていません。artyさんと違ってスペイン語は「オラ」しか言えないので、amarilloは言われても分からないでしょう(笑)

しかし、東洋人少なすぎです。artyさんの記事で行く場所を決めたんですけど、歩き方掲載の街や観光地でここまで日本人を見ないとは意外でした。あ、昨日行ったソチカルコ遺跡で、日本人らしきバッパーとすれ違ったんですが、声を掛けませんでした。日本人(?)を目にしたのは、これ1回きりです。

artyさんの南米旅行記を見て、この次は南米チャレンジと思っていたのですが、メキシコですら英語通用度が低すぎるのと、意外に料理が美味しくない(口に合わない?)ので、たぶん消滅しそうな雲行きです。

しかし、ほぼ1ポンドステーキを頑張れば完食できたかもって、小食そうに見えていたのに意外です。
大食いの私でも、10年ぐらい前にチャレンジした1ポンドステーキ完食できなかったので、以来重量級の肉の塊は避けています。確かに、肉を大量に食べたら1日持ちそうですよね。

本当はタスコで2泊するつもりでしたが、あまりにもごみごみしているのと、街並みや景色もきれいとは言い難いので、今日の宿はトルカの中心部に取りました。田舎町よりも、都会の方がいいかなって思ってしまったわけです。

2018/02/10 (Sat) 00:17 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

Rさん、こんにちは。

Rさんは男性だから言われるならchinoです(笑)。たぶん都市部の方が言われる確率高いです。田舎の人はもっとのんびりというか、逆にアジア人に興味津々でガン見してる人多くないですか?話しかけるきっかけを探してるというか。でも目があうとちょっとはにかんで、小さな声でオラって言われる感じ。

地方都市に行くと意外に日本人に会いませんよね。テオティワカンにはいそう・・・と思ったんですが、Rさんは車移動だからだと思います。バス移動すると時間に制限があるので大体同じような行動パターンになるのでちらほら見ます。

お料理あいませんか?私はメキシコでは素朴な屋台のタコスとフルーツで乗り切るのですが、疲れてくるとトルティージャのトウモロコシの匂いがだめになってきます。Rさんのような方はやっぱり都会の方がレストランの選択肢もあってよいのではと思います。南米だとリマは割と物価も安いし食事も洗練されているように感じます。南米が良いのはマイルが稼げるくらいです(笑)。私は遺跡が好きなんで行きますが、今後はペルー、エクアドルくらいまでかな。

ほぼ1ポンドと1ポンドでは大違いですよ(笑)。一番小さいポーションがこれだったので仕方なくチャレンジしましたが、結構がんばれた自分にびっくり。素朴な赤身だったし、サルサは数種類あったものの、薄い塩味だけだったのでがんばれました。普段外食でたくさん食べきれないのは、塩分と脂肪分が多いのが苦手だからだと思います。実は大食家(笑)。

2018/02/10 (Sat) 03:06 | EDIT | REPLY |   
EkaterinaYoghurt  

こんにちは^^

アルゼンチンの記事、楽しみにしていました♪
事前の情報よりも治安の心配はない感じとのことで、再訪意欲がもくもくと沸き立っています。
とはいえ、2006年に行った時は、年を取ったらこの距離の移動は難しいだろうから今の内に・・・と思ったのがきっかけだったので、今行こうと思ってももう体力が無理そうですが・・・^^;

私が行った時は、あんまり写真を撮らなかった(写真を撮らない友人と一緒だった)ので、殆どが頭の中の記憶しかなかったのですが、こんなに美しく華やかな街だったんだ〜って忘れていた断片を思い出させていただけました。
私の場合、行ってみるまでは想像できておらず、行ってみて初めて分かったのが、近代に恐ろしく先進的な都会だったんだな〜ということだったんですが、そんなことまで思い出させていただける写真たちで嬉しくなっています。

そしてお肉!!お写真のまんま!!私は厚底のビーチサンダルみたいって思っていましたが、まさにそのまんまの姿を拝めて嬉しい!!
赤身の旨みを感じるお肉で、脂身が少なく結構いけちゃいますよね^^私、結構毎日いただいていた記憶・・・笑
ワインも美味しくなかったですか??

白人が殆どの街というのは、私が行った頃と今も変わっていないようですね。
私は幸い耳障りなことを耳にしたことはなかったですが(ただ聞こえていなかっただけかも??^^;)、一人旅でそんなことを言われていたら良い印象の街とは思えないですよね。
昔は良かった国でも今は・・・なので、国民の鬱憤がそんなところに向けられてしまうのかな?お可哀そうにと思ってやり過ごすのが良さそうですね。

2018/02/14 (Wed) 14:59 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

EkaterinaYoghurtさん、こんにちは。

なんとなく決めたアルゼンチン、EkaterinaYoghurtさんが良い所だとおっしゃったので楽しみになった反面、ガイドブックを読んだり情報収集すればするほど治安が悪そうと心配だったのですが、見た目では治安が悪そうな感じはしなかったです。もちろん運が良かっただけかもですし悪そうなエリアはなるべく避けたつもりですが、ミュージアムでちょっと喋った方に、カメラとスマホ(持ってないけど)は気を付けて、狙われやすいからって言われたのでひったくりとかは多いのかもです。

本当に大都会で美しい町で南米にいるのを忘れそうでした。旅行記はまだ先になりますが、今回もいまいちの写真を量産したっぽいのがこわくて、今回のブログの分をざっと抜き出しただけでちゃんと見ていません。

人種差別的な言葉は聞き流すのが一番ですよね。あからさまに嫌がらせとかされる国もあるわけですが、そういうのにはあたりませんでしたし。

お肉堪能しました。私にはお弁当箱がでてきたように見えました(笑)。意外に食べられた自分にもびっくり。

残念ながらワインは飲む機会がなかったんです。っていうか、本当に暑くてばてていたのでビールならいいけどワインの気分になりませんでした。このお肉を頼む時に一瞬ワインをと思ったのですが、ビールと同じで注文単位が結構多そうだったのでやめておきました。もしかしたらグラスでも頼めたのかもしれませんが。そういえば私、チリでもワイン飲んだかしら?やっぱりこのあたりもう一度行ってみないといけないかもです。でも次に行くなら暑すぎない時にしたいです。

おっしゃる通り、南米は遠いので体力あるうちにどうぞ。EkaterinaYoghurtさんは私よりお若いからまだ大丈夫ですよ。ただ航空会社は選んだ方がよいかと。もちろん日系は南米まではとんでなかったと思いますが、米系のエコノミーだとかなりつらいと思います。アメリカか欧州でストップオーバーとかして時間をかけていくとか???。是非是非再訪されて、美しい写真を見せてください。

2018/02/14 (Wed) 21:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply